Paris , Rive Droite 2013 , Opera Garnier , Le Parc

L’Arpege での楽しい時間を終えて,Hotel に戻ります。

今日から Hotel はオペラ座の向かい,Le Grand InterContinental に移ります。

アンバサダー会員の特典,週末無料券を使うためです。

今回宿泊したクラブルーム,€400程です。

1泊の料金なら宿泊は無理ですが,週末無料券を使えば2泊でその額になります。

ここまで宿泊した Hotel de l’Univesite とほぼ同じことになります。

お得感が強いです。

 

それにしても Hotel de l’Universite ,値段の割には部屋は広いし,清潔。スタッフの対応も気持ちが良いものでした。

部屋の広さも,22㎡あります。他に見ていたパリ中心部のホテルが,ほぼ15㎡平均ですから,とても広く感じます。

とても快適に過ごせました。次回は,ずっとここに逗留することになりそうです。

 

_T4E3095

 

7区から9区に移動します。ここから旅行記も Rive Gauche 編から Rive Droite 編に切り替わります。

今日の夜は,Opera Garnier で,楽しみな Le Parc の公演があります。

チェックインで少しばたつきました。20:00からの開演ですので,少し早めに19:15に部屋を出ます。

 

_T4E3097_T4E3191

 

_T4E3098_T4E3099

 

オペラ座に着きましたが,誰も姿も見えません。

おかしいなと思いながら,中に入ります。

 

_T4E3100

 

ロビーにも誰の姿もありません。

やはりおかしいなと思い,進んでいきます。

すると,僕の姿に気がついたスタッフが飛んできました。

僕に向かって,” Just satrting , hurry up “。

今考えると,アジア系と分かったので,英語で喋ってくれたんですね。

急いで,後に着いていきました。

 

1階席後方の補助席に通されます。

ちょうどオーケストラの指揮者が,タクトを振り上げたところでした。

僕が座っったのに合わせて,音楽がスタートしました。助かった,間に合った。

 

_T4E3101 _T4E3102 _T4E3106

 

勿論ですが,公演中の写真はありません。

コンテンポラリーな踊りです。最初は少し拒否反応があったのですが,途中から引き込まれていきました。

アリス・ルナヴァンの,踊りを通した豊かな感情表現。

素敵過ぎます。

来てよかった。そして,間に合ってよかった。

 

_T4E3108

 

カーテン・コールも終わり終焉かと思いきや,セレモニーが始まりました。

一人の男性が舞台に登場し,挨拶を始めました。

おそらく,2014シーズンから芸術監督を務める,ベンジャミン・ミルピエではないでしょうか。

 

_T4E3110

 

それが終わると,一組の男女が登場します。

オペラ座の総裁であるニコラ・ジョエル。

そして,20年以上に渡り努めてきた芸術監督を,2013シーズンで退任するブリジット・ルフェーブル

 

彼らが,今日の主演を務めたアリス・ルナヴァンのエトワールへの昇格をアナウンスします。

それと共に湧き上がる,満員の観衆からの賞賛の拍手と喜びの声が。

アリス・ルナヴァンが此れだけ愛されている踊り手だったなんて,知りませんでした。

 

そして,この記念すべき夜にオペラ座に居合わせたこと。

一生忘れないと思います。

 

_T4E3111

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

w

Connecting to %s