South Tyrol 2011,ガルデナ峠 シャレー・ジェラルド

.

.

HT4E6597 HT4E6599 HT4E6600 HT4E6602

.

.

ドッビアーコを後にします。
帰りにコルチナ・ダンペッツオに寄る予定でしたが,既に17:00近くになっています。
真直ぐ,今日の宿泊予定地を目指すことにします。
ナビに宿泊先のシャレーの住所をセットして,スタートします。

コルチナを経由するルートを選択すると思ったのですが,ナビが選択したのはE66でした。
南チロルに入ってから,一番良い道路でした。
そして,前回と同様にカステル・バディアの街からSS244に入ります。
以前は工事中だった道が,きれいに完成しています。
夜で,工事中で道が細く,とても寂しい思いをした道路が,見違えるように変わっていました。

それでも,ロンゲガの街を過ぎた辺りからでしょか,とても険しい道になってきました。
とても運転に気を使うようになってきました。
そして,とても懐かしい La Valle , そして前回の宿泊地 La Villa を通り過ぎます。
そこでは見覚えのある景色が広がっていました。
この場所に,また来ることができるとは思いませんでした。

コルバーラを過ぎると,一番の難所であるガルデナ峠に差し掛かります。
日光のいろは坂のスケールを,何倍も大きくしたような峠です。
前回は排気量が小さく,更にオートマでしたので,延々と続く大名行列を作っていました。
しかし,今回は少しだけ排気量がアップし,マニュアルでしたので,前回ほど難儀しないで通過することができました。
ちょっとだけほっとしました。

.

.

HT4E6740 HT4E6608

.

.

ガルデナ峠も下りに差し掛かり,SS243がSS242に合流する直前の難所の手前に,Chalet Gerard は建っています。

8年前はこの辺りに,ホテルが建っていた記憶はありません。
その後に建てられたものでしょう。
新しくて,きれいで,そして雰囲気のとても良いホテルでした。

ミシュランの3本フォークを頼りにしてここを選びましたが,木をふんだんに使ったこのシャレーの居心地の良さ,そして周りの景観の良さの方が目立ったところでした。
自分としては,今回の選択にとても満足しています。

.

.

HT4E6604 HT4E6605 HT4E6606 HT4E6607

.

.

レセプションの人は,南チロル衣装をまとった人でした。とてもその衣装が似合います。
ここの人達の顔立ちに,合った衣装なのでしょうね。

今日は,ちょっと小さめの部屋です。小さいと言われたのですが,十分な広さです。
そして,勾配天井がとても良い雰囲気です。これはこれで,好きですね。

ホテルに到着した時には,既に19:00を周っていました。
夕食のラストが,20:00スタートでしたので,ちょっと休憩して,直ぐに夕食に向かいます。

前菜,プリモ,セコンド,ドルチェの構成です。
プリモで選択したカルボナーラが,とても濃い味で美味しかったです。
ソースのクリーミー加減も程よいものでした。

セコンドのカツレツは普通でしたね。
ドルチェは,リキュールに浮かんだ黄桃でした。リキュールの度数がちょっときつかったですね。

それでも,そこそこ美味しい夕食でした。
オーストリアに近いこの地域では,十分美味しい食事なのではないでしょうか。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s