Veneto Italy 2011,パドヴァへ Padova,カフェ・ペドロッキ Caffe’ Pedrocchi

.

カブール通りを歩いてきたのは、訳があります。
この建物を目指して歩いていたのです。
2頭のライオンがお出迎えしてくれる、カフェ・ペドロッキです。
毎日、カフェで一杯がお昼の習慣でしたが、この旅行最後の一日は、1831年創業の由緒正しいこのお店です。

.

HT4E7072 HT4E7073 HT4E7077 HT4E7078

.

HT4E7070 HT4E7076

.

.

格式が高い分、値段も高かったです。この Café Vienne は毎日飲んでいたCafeの倍の値段でした。
それでも、€5程度でしたけどね。

あまり混んでなくて、ゆっくりと時間を過ごせました。
新聞を持ち込んで、過ごしても面白かったかもしれません。

.

.

HT4E7080 HT4E7082 HT4E7083 HT4E7084

.

.

カフェ・ペドロッキの次の目的地は、プラート・デッラ・ヴァッレです。
この広場の写真が、昨日見た地図の表紙に使われていました。
それを見て、この広場には絶対行こうと思っていました。

同じ道を通っているのですが、カブール通りからローマ通り、更にはウンベルト通りと名称が変わっていきます。
プラート・デッラ・ヴァっレを通り過ぎると、エマニュエル二世通りと名前が変わっています。
全部同じ方が、旅行者としては分かり易いですけどね。

.

.

HT4E7081 HT4E7085

.

.

写真を見ていると、どこか暗い気がします。前半の南チロルが、陽光に溢れていましたからね。
そこからずっと南に移動している筈なのに。どうも、昨日、今日と天気が優れません。
曇り空が似合うイングランドと違って、イタリアの建物には合いませんね。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s