イーストアングリア 2011 , ケンブリッジへ ,ロンドンに向けて

.

さて最終日はです。今日はロンドンからのフライトが待っています。

ロンドン発13:00のフライトです。ケンブリッジからは90マイルの道のりです。順調に流れれば1時間半程度でしょうか。

ただ往路の交通渋滞が頭に残っています。

ミッドサマーハウスは遅れたことを理由にキャンセルで済みました。

しかし,帰国の便をキャンセルすることは出来ません。

渋滞が始まる前に通過できるように,少し早めに出発することにします。

結果的に早く出たことで,後で大いに救われました。

.

ht4e5851

.

今回は移動しようとすると,何かが起きます。

朝,早めに起きてシャワーを浴びていた時です。バスタブから出ようとして,思いっきり転倒しました。

受身を取りましたが,間に合わず頭から着地しました。転んだ瞬間の記憶は飛んでいます。

顔で一番出ている所は,眉の辺りなんですね。そこで着地したので,皮膚が削れています。

ただ,思ったよりも出血は少なく,最初の血を拭いた後は,殆ど出ませんでした。

ふらふらしましたので,少しベッドで休んだ後,フロントでバンドエイドをもらい貼りました。

気休めですけどね。休んでいる時間がないので,出発します。

やはり,往路で渋滞にはまった所では,流れに滞りが出来ていました。早く出発して正解でした。

出発時にはアクシデントがありましたが,ヒースローには順調に到着しました。

けど,神様はこれだけで許してくれなかったようです。

.

 

.

痛む頭を抱えながらも,順調にヒースローに到着し,車をユーロップ・カーに返却。

幸いに傷口はそんなに痛みませんし,恐れていた吐き気などもそんなには感じません。

これで,後は日本へ帰るだけと思いましたが,そうではなかったようでした。

チェックインカウンターでチェックインの手続きをとります。機械でのチェックインです。

パスポートを読ませますが,手続きに進めません。

係員を呼んで,手続きを代わってもらいましたが,同じです。カウンターで確認してもらいました。

するとカウンターの女性は,当然でしょうといった顔で一言。

「出発は明日だよ。」と。

確かに復路のチケットは,明日の日付です。旅行会社で手配の日付を間違ったようです。

これでロンドンで一泊が見えてきました。

しかし,通常ならもう一泊するところですが,こんな非常時にもう一泊することはできません。

確か土浦市の職員だったと思いますが,震災後に休暇をとったという事で懲戒処分を受けています。

何とか今日の便で帰国できるように交渉しなければ。

.

 

.

チェックインカウンターの係員に交渉してみます。

今日の便に変更できないか,それも手数料なしで。

思ったよりも良い人のようで,調べてみる,と言ってキイを叩いてくれます。

そして,大丈夫だよ,と一言。ほっと一安心です。

少し痛む頭を抱えながら,ロンドンのホテル探しに奔走する事だけは避けられました。

荷物を預けて,やっと一息つくことができました。

けどまだまだ安心することは出来ません。日本国内での移動という,重要案件が残っています。

それに復路のマイレージが未だ加算なっていません。カウンターできちんと手続きが行われているか確認したのに。

そして帰国後,4月に入ってからヴァージン航空に未加算マイルの申請手続きを行ったのに。

もう半年経っても,加算なっていません。

かなりヴァージン航空の顧客対応レベルは低下しているようですね。

.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s