アルザス地方 2016 , Strasbourg にて , Le Tire-Bouchon

.

剥がれた靴底は、ホテルで瞬間接着剤を借りて対応しました。

大量に塗りたくり、その上で体重を掛けて圧着します。そして、しばらく乾かすことにしてます。

この時点で、疲れがどっと出てきました。靴もしばらく使えないので、少しお昼寝します。

.

起きた時は既に辺りは真っ暗に。

夕食は、事前にチェックしておいたホテルの数軒隣の Le Tire-Bouchon に向かいます。

.

8Y9G6629

.

8Y9G6631

.

8Y9G6633

.

夏から秋に掛けてならテラス席も気持ちがよさそうだけど、ちょっと寒過ぎますので誰もいません。

勿論、店内へ。

後になって気が付いたけど、2階席もあったようです。けれども、1階席に案内されました。

.

最初はクレマン・ダルザスから。早い話この地方で作っている発泡ワイン。

シャンパーニュ地方には行けなかったけど、アルザス地方の地元で飲む発泡ワイン。

どんなものなのか試しかたかったのです。結果、やはり発泡ワインは好きになれません。

そして、今日のスープ。

野菜スープでした。早くも野菜不足になっているのか、とても体に染みわたります。

.

8Y9G6634

.

8Y9G6635

.

8Y9G6640

.

そしてメインは、この地方を代表する料理であるベッコフ(Baeckeoff)。

白ワインでマリネした色んな部位の牛肉、豚肉、羊肉をジャガイモと共にオーブンでゆっくりと焼き上げた料理です。

肉の旨味を吸い込んだジャガイモがとてもおいしいです。しかし、量が多すぎます。

これを周りの人はペロリと平らげています。日本人からすると、信じられません。

.

8Y9G6645

.

8Y9G6649.jpg

.

最後は別腹のクレーム・ド・ブリュレ。

お安く、そしておいしくアルザス料理が楽しめるお店でした。

次はシュークルートですね。

.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

w

Connecting to %s